Home 会社概要 採用情報 お問合わせ お知らせ

 

 弊社は小規模ながら創立以来数多くの省力化装置、検査機、組立機を設計・製作して参りました。時代の変化と共に、現在はその経験を生かし、ODMを含む宝飾品製造装置など様々な製品を世に送り出しています。また人間型ロボットの開発、リサイクル装置の開発など、未来を開く新技術の開発にチャレンジを続けています。
 

製品紹介 / Products

当社は30年以上、宝飾関連機器の開発・製造を続け、ODM生産を行ってきました。 この度、新規事業として、当社のブランドで販売を開始します。 更に海外の販売拠点も整備して参ります。
 
安価な優れた製品を製造する技術、顧客への奉仕、それが当社のポリシーです。
 
デモ機を用意・展示しています、お問い合せください。
 

生産終了: 在庫無し

VWI : Digital Vacuum Wax Injector
デジタル真空ワックスインジェクター

諸条件をデジタルで設定し、ゴム型にワックスを注入するシステム

生産終了: 在庫無し

DAC : Digital Auto Clamp
デジタルオートクランプ

諸条件をデジタルで設定し、ゴム型を自動でクランプするシステ

 

EBF-ST : Small-size Rotating Burnout Furnace
小型回転電気炉

プラチナ対応の高温仕様の焼成炉
二段の回転テーブルを装備

 
EBF-LT : Large-size Rotating Burnout Furnace
大型回転電気炉

大量生産用の大型焼成炉
二段の回転テーブルを装備

 

異彩(ISAI) : 真空吸引加圧鋳造機
 

金、銀、真鍮等の精密鋳造用

 

匠(TAKUMI): VWI+DAC 一体型ワックスインジェクター
 

大型クランプ(マルチ)と標準クランプが簡単に交換可能。

新技術搭載
日本6特許・国際4特許取得中

無双(MUSOU): 自動判断機能搭載 ワックスインジェクター
 

自動的に機械が判断、誰でも簡単にWAX型取り可能

家電リサイクル用装置 動画再生中
 
家電リサイクル法が施行され、資源の回収・環境に優しい機器が重視される時代になりました。 家庭用・業務用のエアコンや冷凍冷蔵庫に内蔵されている黒モーター、洗濯機や掃除機等のモータ、これらは資源の固まりですが、解体して分別するのが大変難しい部品です。 各種資源の高騰から、希少金属だけでなくきめ細かな資源回収、およびその効率化が要求されます。
 
当社装置は、導入後10年以上ご使用いただいているお客様もいます。  
切削くず、熱、煙が発生しない環境に優しい装置です。

ブラケット・パイプ除去装置

ブラケットで固定されているアキュームレータを除去する装置

 

シェルカッター

レシプロ、ロータリー型等さまざまな形の黒モータを、横切断する装置 

  

円筒シェル縦切断装置

ロータリー型の円筒シェルを縦に切断し、電磁鋼板を取り出す装置 

 

銅線カッター

ステーターに巻かれた銅線コイルを円周上に切断する装置 

 

銅線引抜機

ステーターから銅線コイルを引き抜いて、銅線と電磁鋼板を分離する装置 

 
   

空圧式シェルカッター

 コスト削減し切断処理に特化  

 
 

モーターコア銅線切断装置

モーター(DC/DDモーター   ACモーター等)を切断する装置 
  

 
 
◆ POC-500, POC-2500, 自動定量機、その他の定量機、一般仕様、電装パネル、チャージユニット、注入ガン

 密閉容器にオイルを注入したい場合に使用する装置です。
例えば冷蔵庫、エアコンなどの各種のコンプレッサー内には
潤滑油を正確に一定量を短時間に入れる必要があります。

1.オイルの機種が多数ある。
2.定量値を多数設定したい。
3.定量値を遠隔で切り替えたい。
4.密閉容器内を真空にしてから注入したい。
5.定量後、不活性ガスを注入したい。
6.高速で定量したい。
7.後垂れを防止したい

◇ 様々なご要望にお応えします   
 

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
◆ Hyper 2000, 内圧式、外圧式、部分リーク式、流量検出式、各種治具、測定装置例
 
◆ 各方式の検出原理、感度の比較の仕方、 水・オイル等価リーク量の計算方法 = <<リーク感度決定の根拠>>などについて。

 密閉容器の漏れ検査を空気を用いて行う装置です。 ヘリュームガスを用いたリーク検査機のような精度はありませんが、簡便で安価なため、いろいろな分野で使用されています。

1.直圧検査/差圧検査/内圧式/外圧式/部分リーク式/流量検出式などの検査方式を用いて検査対象に応じた適切な検査が可能。
2.当社考案のバブルカウンターにより、設定値の等価リーク量を目視で確認が可能。
3.当社考案パレット方式で治具ごと交換し、多機種ワーク検査に対応可能。

  ◇ 各種多数の装置製作実績があります。
 

 
  
 
 
 
 

ODM 1 : original design manufacturer
レーンメンテナンスマシン

 最大60レーンまで、ワイヤーレス全自動で往復・横移動し、デジタル設定したレーンオイルを適量塗布する装置です。
 

 

   約600台余りを生産し、国内のボーリング場の多くに納入した実績があります。
 
 

 

※ 現在、生産しておりません。
 
 

 
 
 
 
 
 

 1980年代は、人件費の高騰により、省力化装置の導入、自動化が叫ばれ、装置や機器類が大きな進化をしました。
 

※ 現在、生産しておりません。

 1980年代後半から1990年代にかけて、人件費の安い東南アジア、中国等に企業が盛んに進出した時代です。

 現在では人件費抑制のためというよりは、品質の維持と向上のために自動化する時代へと変わりました。

 1980年代から1990年代にかけて、省力化・人件費抑制という意味から、自動検査・機械による検査に切り替えられてきました。
 

 
※ 現在、生産しておりません。
 
しかし、時代が変わって今では品質が最重要課題となり、機械による検査が、自動化よりも優先されるようになりました。
  ※このような装置開発で得た経験と技術が、当社の開発力となっています。